レディースローン 専業主婦はご注意を


pp816IMGL0998_TP_V

レディースローンと聞くと、女性向けのローンということで全ての女性に優しい気がしますよね。
特に専業主婦の方なんかだと、「お金が借りたいけど自分には収入がない・・・でもレディースローンなら・・」という方もいらっしゃるのではないかと思います。
様々なローンに関する情報サイトで、ただ不用意に専業主婦の方を安心させるような文句が書いてありますが、それに促されて軽い気持ちで借りようとしてしまうと痛い目を見てしまう可能性があるので、少し注意点をまとめてみました。

レディースローンは専業主婦に優しいわけではない

レディースローンという言葉の響きから、女性には優しいシステムになっているという印象を抱かれがちですが、システムとしては普通のカードローンと変わりません。そこを勘違いしてしまうと、思ったほどの額を借りられなかったとか、最悪の場合、1円も借りられなかったなんてこともあり得ますのでご注意ください。
しかし基本的には女性がお金を借りやすい環境を整えているのがレディースローンです。オペレーターの方も全員女性だったり、電話のみで借り入れできるところもあったりと、女性が余計な心配事を抱えずに借りられるようにはなっています。

審査基準は特別甘くはない

レディースローンといっても、基本的に審査基準は普通のカードローンと変わりません。つまり審査が特別厳しいということはないですが、反対に特別甘いということもないのです。そして当然、消費者金融ですので総量規制の対象になります。
そのため、専業主婦の方が自分の名義のみで借りる場合は地震に収入がなくてはならず、あったとしても年収の1/3までしか借りられません。それより多くのお金を借りたいときには、配偶者の年収の1/3までは借りることも可能ですが、その場合は配偶者の承認が必要になってきます。夫に内緒でお金を借りたいという方もいらっしゃると思うので、そういう方には少し厳しい条件かもしれませんね。

まとめ

レディースローンは女性が利用するには非常に快適でしょう。しかし、女性なら誰でも借りられるとか、審査が甘いと思い込んでいざ借りに行くと審査に落ちて借りられなかった、なんていう可能性もありますので、自分の経済状況や借り入れ理由なども鑑みて慎重に決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です